アイクリーム くま

目元のくまの種類とアイクリームを使った対策方法

アイクリームとは目元専用のスキンケア化粧品のことです。

 

目元のトラブル解消に役立ってくれる、便利なアイテムとして活用されています。

 

目元のトラブルとして多いのがくまです。

 

くまとは主に下まぶた付近にできる色素沈着のことで、疲れたような顔に見えてしまうために美容が損なわれるのが問題です。

 

目元のくまは病気が原因でなければお手入れ次第で改善を期待できます。

 

積極的にアイクリームを生活に取り入れて、ケアを欠かさないようにしてみましょう。
(「アイクリーム くま」で検索してみると、けっこういろんなブランドのアイクリームが出てきますよ。)

 

 

くまにはいくつかの種類があります。

 

まず、今悩んでいる目元のトラブルがどのくまの種類なのか見極めると、適した対策を行いやすいでしょう。

 

大きく分類すると茶色・青色・黒色の3種類が存在します。

 

種類は見た目の色で分類されますので、鏡を見て確認することをおすすめします。

 

茶色系のくまは一般的に茶くまと呼ばれているもので、シミと同じようなメカニズムで色素を作り出しています。

 

トラブルがある部分を強く摩擦する習慣があったり、紫外線を浴びてダメージを受けた結果、メラニン色素が増殖して留まっている状態です。

 

青色は青くまと呼ばれ、血行不良が原因の色素沈着です。

 

青い色をした静脈の流れが滞ってしまい、皮膚の薄い下まぶた付近に透けて見えているような状態です。

 

最後の黒色は黒くまと呼ばれています。これは色素沈着が原因と言うよりも、皮膚の影が映り込んでいる状態です。

 

主にたるみや皮膚がより薄くなったりして、表面が凸凹になっているために光の影響で影ができてしまいます。

 

これらの問題を解決するためにアイクリームを使いますが、コンシーラーとは違いますので、別の色でごまかすやり方とは違います。

 

アイクリームに含まれている美容成分の力を借りて、それぞれのくまの原因を和らげるのがコツです。

 

茶くまは摩擦や紫外線ダメージによって皮膚の潤いが減っています。

 

潤いを与えて皮膚のターンオーバーを促してやれば、メラニン色素が徐々に排出されて透明感が蘇ってきます。

 

潤いを与えるタイプのアイクリームを選びましょう。

 

青くまの血行不良にはマッサージがおすすめです。

 

マッサージしやすいテクスチャで、むくみ対策ができるアイクリームが良いでしょう。

 

黒くまは皮膚にハリをもたらすタイプのアイクリームが適しています。

 

年齢の影響が出やすい症状のため、エイジングケアタイプの商品を選ぶのも一つの方法です。

 

くまは放っておいてもなかなか良くならないことも多いですが、アイクリームで早めにくま対策すれば明るい素顔を手に入れられそうです。

page top