アイクリーム 塗り方

アイクリームを使う順番と塗り方のポイント

アイクリームの作用を最大限に発揮するには、正しい使い方がポイントになります。

 

基本中の基本ですが、まず手や顔を清潔な状態にしましょう。

 

石鹸や洗顔フォームを使い、皮脂汚れやホコリ汚れ、角質汚れを除去します。

 

水分を清潔なタオルできちんと拭き取ったら準備は万全です。

 

続いて、アイクリームの塗る順番を把握しておきます。

 

殆どのアイクリームに油分が含まれていますので、油分の膜で浸透を妨げられてしまう化粧水を先に塗るのがコツです。

 

その後は美容液や乳液を塗り終えた後にアイクリームを使い、最後に顔全体を塗るクリームで仕上げるのが基本的な流れです。

 

しかし、この順番はあくまでもスキンケア化粧品の一般的な知識のため、絶対ではありません。

 

アイクリームのパッケージなどに使い方が書かれているなら、それに従うようにしてください。

 

アイクリームを手にとったら、そのまま少し置いて体温で温めてあげると塗りやすくなります。

 

指先を使って、目の上まぶたと下まぶたに感覚をあけてアイクリームをのせましょう。

 

指の腹を使い、目頭から目尻、こめかみに向かって塗ります。

 

上下まぶた共に、同じ方向へ動かすのがポイントです。

 

このときに強く擦るとクマやシワの原因になります。

 

力を入れずに優しく塗るようにしたいところです。

page top